HOME>特集>ベランダに巣をつくる鳩は対策することで寄り付かなくなる

ベランダに巣をつくる鳩は対策することで寄り付かなくなる

はと

鳩の生態について

鳩は見ているだけなら可愛らしい生き物ですが、鳩の糞害は結構大変です。ですから、自宅のベランダに鳩がやってくるようになったら、対策を進める必要があるでしょう。まずは鳩の生態をきちんと頭の中に入れておきましょう。初めてベランダにハトがやってきていたら、可愛いと感じる人は少なくありません。しかし、ハトは生き物ですから、当然糞をします。これが大きな被害に繋がっていくのです。また、ハトは何段階かに自分が行動する場所を位置付けていると言われています。ある程度の回数行く場所は、かなり居心地が良いところと認識しています。よって、きちんと対策をしておかないと、今後もたびたびハトはやってくることになるでしょう。このことを頭に入れたうえで駆除を行います。

ハト

ベランダに巣を作られると出てくる被害

鳩がいつの間にかベランダに住み着いてしまうと大変です。気が付いたときには巣が出来上がっていたという話もあります。本来であれば、こうなる前に鳩対策として駆除を専門の業者にお願いすべきでした。もちろん、知らない間に作られていたのであれば、対策のしようがないですが、発見した以上はとにかく少しでも早く専門の業者に来てもらって駆除してもらいましょう。ベランダに巣ができているということは、当然その周辺には鳩の糞があるはずです。この糞が感染症を引き起こす場合があります。ですから、できるだけ早く専門の業者を見つけて、自宅まで来てもらい駆除してもらいましょう。プロが駆除をすれば、またその場所に戻ってくることはまずありません。